ホーム> ダイエット基礎知識> ダイエットのための脂肪燃焼のしくみ

ダイエットのための脂肪燃焼のしくみ

有酸素運動をすると脂肪が燃えます。

ではなぜ、有酸素運動をすると、脂肪が燃焼するのか?

  1. 脂肪は食事によって体内に入ると、まず血液中を流れはじめます。
  2. 同じように血液中に溶け込んでいる酸素が、脂肪と結合します。
  3. 脂肪と結合した酸素は、脂肪とともに燃焼します。

よって、有酸素運動をすることによって、
酸素が血液中に適度に多く取り込めれば、
より多くの脂肪と結合し燃焼させられる、というわけです。

ただし、ここで燃焼するのは、体に入ったばかりの脂肪です。
すでに体に溜まっている体脂肪が燃焼するには、
有酸素運動をはじめてから20~30分の時間が必要です。

なぜなら…
溜まった体脂肪を分解する酵素「リパーゼ」は体温により活性化します。
「リパーゼ」を活性化するのに必要な適温(普段よりプラス1~2度)にまで体温が上昇するのには、
通常20~30分時間を要するためです。

運動を始めてすぐに体脂肪を燃やしたい場合には?
「リパーゼ」を強制的に活性化させる目的でアミノ酸を摂る、というアミノ酸ダイエットなどがあります。

有酸素運動の仕方をひとことでご説明しますと、有酸素運動は、心拍数+10% 「ハアハア」と息がはずむくらいの運動、無酸素運動は心拍数+30% 「ゼイゼイ」と息が切れるくらいの運動、です。

みんなのクチコミ

クチコミコメント一覧 投稿する

クチコミコメントをどうぞ