ホーム> ダイエット体験談> 東南アジア・ダイエットライフ

東南アジア・ダイエットライフ

アジア料理に舌つづみをうつ

日本語の読めるダイエッターのみなさん、こんにちは!

今、私はインドネシアの首都、ジャカルタに来ています。日本よりずっと
南のほう、年がら年中暑い国です。

ところでこの国の女性はみんなスタイルバツグン。体にぴったりとした民
族衣装もよくお似合いです。なぜでしょう。やっぴはその秘密がライフスタイルに
あるのではとにらんでいます。

そこで今回からは東南アジア、特にインドネシアに住むみなさんのライフス
タイルをご紹介していきます。

ところでみなさんは「ワルン」をご存じですか?インドネシア流屋台のことです。

例えていうなら、…そうそう。遊園地で綿菓子を売っている屋根付きの車があり
ますよね。それが一台、歩道に止まっているとします。すぐそばにはビニールのテ
ントがはってあります。テントが椅子とテーブルに降り注ぐ直射日光をふせいで
くれるのです。ここに食事がだされます。これが「ワルン」です。

ワルンでは現地のいろいろな料理を味わえます。炒めご飯の「ナシゴレン」、
ピーナツソースかけサラダの「ガドガド」、焼き鳥の「サテ」…。さらに土地ごとに
郷土料理があるというのですから興味は尽きません。

人気のあるワルンでは、いつもたくさんの人が食事をしています。やっぴだって例
にもれず。つい先日もワルンで食事をしたばかりです。

先日食べた野菜と肉のスープ煮はなかなかでした。いろんな香辛料が入っています。
さらにテーブルの上にはいろんな調味料もあります。相席になった女性をまねして、
やっぴも同じように食べてみました。

まずはコクのある黒くて甘い調味料。それからゆずのような果物。これはぎゅっと
果汁をしぼります。そしてピクルス。相席の女性は、このピクルスをたーくさん食
べていました。何杯もスプーンですくってはお皿に入れています。少しすっぱくて、
それから、中にはいっている唐辛子が、これまた辛いんです。汗をたくさんかいて、
体がほくほくしました。

アジア料理の良さは、香辛料が入っていること。温かいこと。野菜をとれること。
それから適度に甘くて満足感があること。

これらがダイエットにも良いのはいうまでもありません。

それから一つ、要注意。新鮮な食材を使っている、清潔なワルンを選ぶこと。おなか
をこわさないように気をつけてくださいね。

東南アジア・ダイエットライフのつづき


みんなのクチコミ

クチコミコメント一覧 投稿する

クチコミコメントをどうぞ