胃袋ダイエット

食事制限によって「食べ過ぎない胃袋」をつくるダイエットです。

元力士でタレントのKONISHIKIさんが、アメリカで胃袋の切除手術を行なうことによって、70kgも痩せたそうです。欧米では、この「胃の縮小手術」は重度の肥満患者に対する治療法として行なわれています。

ところが、これは日本では認可されていませんし、外科手術ということで不安やリスクがつきまとうのも確かです。

そこで、手術の代わりにダイエット方法と食事習慣によって、胃袋を自然と「元の状態」まで縮小させる、それが「胃袋ダイエット」です。

胃拡張、胃縮小という言葉がありますが、胃袋は柔軟な構造をしていて、容積はトレーニング次第で大きくも小さくもなるのです。

胃袋ダイエットの具体的な方法は…

「毎回の食事を、3割残して捨てる」

というもの。食べ物を捨てるのはもったいない…ですが、少ない量を食べるのではなく、あえて残したものを自分の目で見て習慣付けることに 意味があるそうです。ただ単に量を減らすのでは意味なし。 好きなものを2~3割残すだけで、3食きっちりとること。食事を残して「もったいない」のよりも、余分な脂肪を体に付けてソンしている状態の方が「もったいない!」とのこと。なるほど!半年程度これを続けて胃の状態を小さくできたら、あとはもう「たくさん食べられない」=「少しで満足できる」体ができあがるので、最初から自分にちょうどいい量にできるのではないでしょうか。

さらに詳しく知りたい方は、こちらの書籍をどうぞ。

Amazon.co.jp: 胃袋ダイエット: 松本 浩彦: 本


このダイエット方法のオススメ度は?

星をクリックして、このダイエット方法のおすすめ度を投票してね!

ダメだったいまいち…ふつういいよ!最高! (3.75 )
Loading ... Loading ...

みんなのクチコミ

クチコミコメント一覧 投稿する

クチコミ 7 件

  1. miu より:

    残すのはだめでしょw

  2. みっふぃ より:

    もったいないの方が勝っちゃいます(;^^)

  3. あや より:

    残したご飯はラップにくるんで冷蔵または冷凍したらいいじゃないですか(;_;)捨てるなんてダメ;-.-)

  4. どちらかというとポニョ より:

    「毎回の食事を、3割残して捨てる」

    なるほど。。。えっっ!!

  5. ぶらんか より:

    うーん…
    「習慣づけ」のために、食べられる品なのに食べない分をわざと用意して、
    それを捨てるのですか…。

    視覚から焼きつく効果は確かにあるでしょうが、それよりも、もっと大事なことを
    見失ってしまうんじゃないかと思いますよ。

    野菜もお肉もお魚も、みな「いのち」です。殺していただいているんですよ。
    だから「いただきます」なんですよ。
    殺さなくちゃ生きられない。だからこそ、必要なだけいただき、感謝していただく。
    それが、何より大切なことだと、私は思っています。

    これは、食べる適量を学ぶ代わりに、命のありがたみを捨てる行為なんじゃないでしょうか。

    胃を縮小させるのなら、始めから普段より2~3割少ない量の食事を用意しましょうよ。
    目で見て習慣づけるも何も、そこに無いものは食べられないんだから。

  6. 少年 より:

    絶対もったいないし
    食べ物が食べれない人に
    失礼だと思う

  7. パパイヤん子 より:

    続かないですよw

クチコミコメントをどうぞ